SUNSPEL

  • ¥ 4,280 SOLD OUT
  • 【SUNSPEL】 〈アイテム〉スウェットジャケット TO-20 〈サイズ〉M(2)肩幅48×身幅53×着丈75㎝ 〈カラー〉ネイビー×ライトグレー 〈ランク〉B ※1枚目の写真が実物に近い色です。 ※USEDの為使用感がございます。 着用皺はアイロンで除去後、出荷いたします。 除菌スプレー後袋に入れ梱包しお送りいたします。 USED品の為返品交換いたしかねますのでご了承くださいませ。 サンスペルの創始者、トーマス=アーサー・ヒルは産業革命の黎明期である1822年に12人兄弟の11番目として誕生しました。父、ジョン=ピンカートン・ヒルはノッティンガムでタイツや靴下を作っていたので、トーマスも父を継いでメリヤス製品やレースの商売を始めることとなります。 折しも蒸気機関が世界を大きく変えようとしていました。繊維業界はその変化をいち早く取り込んだ生産業のひとつで、まさにトーマス・ヒルはその只中にいたのです。 トーマス・ヒルは英国のもっとも優れた実業家のひとりだっただけではなく、素材の革新にも秀でていました。「シンプルな日常着を美しい素材で作る」という彼のビジョンは、今もなおサンスペルの信念として引き継がれています。 1860 サンスペルの創立 トーマス・ヒルは、当時英国のレース産業の中心になろうとしていたノッティンガムのニューディゲイトに繊維工場をオープンしました。それまでに培った専門知識を駆使し、 繊細なコットンを使った軽くソフトな服を作り高級下着開発のパイオニアとなりました。これこそ今日私たちが知るサンスペルです。 ニューディゲイトで初期に生産された製品のなかには、チュニックやアンダーシャツがあり、それらは世界で初めてのTシャツでした 。 1918-1929 創始者 20世紀の初頭には、サンスペルは大英帝国を基盤に大きな輸出事業を築き上げ、極東への輸出を早くに始めた英国企業のひとつとなりました。現存する帳簿の中には、1918年に香港と中国への商品を載せた日本郵船会社の平野丸がアイルランド沖でドイツ海軍の潜水艦に撃沈された悲しい記録が残っています。そしてサンスペルが西インド諸島産のシーアイラ ンドコットンで素材を開発しもっとも豪奢な製品に使い始めたのもこの時期です。