Undecoreted

  • ¥ 11,760
  • 【Undecoreted】 変形ジャケット TO-15 〈サイズ〉M(2)肩幅40×身幅45×着丈70㎝ 〈カラー〉ネイビー 〈ランク〉B ※2枚目の写真が実物に近い色です。 ウェスト調整可能 ※USEDの為使用感がございます。 着用皺はアイロンで除去後、出荷いたします。 除菌スプレー後袋に入れ梱包しお送りいたします。 USED品の為返品交換いたしかねますのでご了承くださいませ。 UNDECORATED ブランドのはじまり 2008-9の秋冬シーズン、「yoshio kubo」のデザイナー久保嘉男が「undecorated MAN(アンデコレイテッド マン)」をスタート。2018年より「アンデコレイテッド」となる。 アンデコレイテッドについて アンデコレイテッドは日本のメンズ&ウィメンズブランド。 「飾らない」シーンにフォーカスされたコレクション。 服作りの基盤となる素材のあり方から考え、 素材のためのデザインとして構築されたワードローブを展開する。日常で不可欠なアイテム(カットソーやサーマル、スウェット、シャツ)を定番的に展開する「ホワイトラベル(WHITE LABEL)」と、シーズンごとに素材やディテールに着目し展開する「ブラックラベル(BLACK LABEL)」から構成されている。 2008-09年秋冬シーズン、「ヨシオクボ(yoshio kubo)」のデザイナー久保嘉男が、自身のコレクションとは異なったコンセプトで「アンデコレイテッド マン(undecorated MAN)」をスタート。当初はメンズウェアのみの取り扱いだった。 2016年秋冬シーズンより、久保嘉男よりバトンを引き継ぎ、河野貴之がデザイナーに就任。河野は久保のもと、約8年に渡りヨシオクボ / アンデコレイテッド マンのアシスタントを務めていた。また、ブランド名も小文字の「undecorated MAN」から「UNDECORATED MAN」に変更された。 2017年1月より、新コレクション「パーマネントコレクション」をスタート。「より上質な普段着」を求める現代的人へ向けて、シーズンレスで提案できるベーシックなアイテムを展開。全てのアイテムが専用のボックスに入っているため、ギフトにも適したコレクションになっている。 2018年、ウィメンズウェアをコレクションに加え、ブランド名が「UNDECORATED MAN」から「アンデコレイテッド(UNDECORATED)」となった。